THE FUTURE TIMES マサムネ×アジカン後藤 対談バージョン

「THE FUTURE TIMES」のサイトで、
マサムネさんとアジカン後藤さんの対談バージョンがアップされました。

THE FUTURE TIMES 後藤正文×草野マサムネ


「THE FUTURE TIMES」第5号は、
この対談を元に構成された記事だったのですかね。

スピッツファンとしては、
むしろ対談で載せてもらいたかった、と思いました。

とにかくマサムネファンの方はどうぞ。




スポンサーサイト



「MdN 10月号」に「草野マサムネが振り返るスピッツの10枚のCDジャケット」

雑誌情報にも書いたのですが、
昨日発売の「MdN (エムディーエヌ) 2013年 10月号」に、
「草野マサムネが振り返るスピッツの10枚のCDジャケット」
という記事が載っているそうです。

ファン必読ですね。

もうアマゾンでは取り扱っていませんので、
楽天で購入されると良いですよ。




セブンネットでも買えます。



スピッツ雑誌情報 最新版

スピッツ雑誌情報をもう一度整理して書きます。



●8月20日発行 「FLYING POSTMAN PRESS」 (表紙)
 (注:フリーペーパーです。)


●8月23日発売 「bridge」 (表紙)

 ニューアルバム『小さな生き物』2本立てインタヴュー

 3年ぶりのオリジナルアルバム『小さな生き物』完成! 
 草野マサムネのソロインタヴュー&メンバー全員への直撃アンケート・インタヴューの2本立てで、
 傑作のすべてと彼らの道程を語った全44ページ大特集!!


●8月24日発売 「スカパー!TVガイドプレミアム 9月号」
         「スカパー!TVガイドBS+CS 9月号」
         「月刊スカパー! 9月号」


●8月24日発売 「デジタルTVガイド 10月号」


●8月30日発売 「ROCKIN’ ON JAPAN」10月号

 ニューアルバム『小さな生き物』をメンバー全員で解き明かす、
 全曲解説インタヴュー! 

 震災から2年、新たな覚悟が詰まった瑞々しい傑作で、
 スピッツ、再び生まれ変わる。


●9月5日発売 「音楽と人 10月号」(表紙)


●9月6日発売 「MdN (エムディーエヌ) 2013年 10月号」

 スピッツ『小さな生き物』
 ニューアルバムのアートワークのすべて

 スピッツのニューアルバム『小さな生き物』が9月11日に
 リリースされる。彼らのジャケットは、日本の音楽ジャケット史の中で
 静かなエポックメイキングとしてその地位を築いている。
 この特集では新譜を中心に、関係者のテキストやインタビュー、
 貴重な資料でそのアートワークの全体像に迫ってみた。

 ■バンドを支えてきた制作ディレクター、竹内 修による
 スピッツのアートワーク論

 ■アートディレクターの木村 豊に聞いた
 スピッツ『小さな生き物』のアートワーク制作

 ■草野マサムネが振り返る
 スピッツの10枚のCDジャケット


●9月14日発売 「MUSICA 10月号」 (表紙)

 <COVER STORY>
 スピッツ、最高傑作『小さな生き物』
 誕生に至る3年の軌跡を紐解く3万字インタヴュー

 2010年に発表したアルバム『とげまる』から3年、14枚目となるオリジナルアルバム
 『小さな生き物』をリリースしたスピッツ。色褪せることのない蒼さを湛えた
 「スピッツらしさ」を研ぎ澄ませながら、これまで以上に生命力と躍動感に満ちた
 今作は、いかにして生み落とされたのか。
 東日本大震災という大きな出来事も含むこの3年間をバンドはどうのように過ごし、
 この作品に辿り着いたのかを、3万字インタヴューにて丁寧に紐解きます。
 変わらないために変わり続ける彼らの軌跡と『小さな生き物』に込めた真意とは。





また情報がわかったら追記します。




(21日、28日、29日、9月7日追記。)


こちらからアマゾンで購入できます

bridge (ブリッジ) 2013年 10月号 [雑誌]
スカパー!TVガイドプレミアム 2013年 09月号 [雑誌]
月刊 スカパー ! 2013年 09月号 [雑誌]

ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2013年 10月号 [雑誌]
MdN (エムディエヌ) 2013年 10月号 [雑誌]

音楽と人 2013年 10月号 [雑誌]

MUSICA (ムジカ) 2013年 10月号 [雑誌]


「FLYING POSTMAN PRESS」はヤフオクで手に入れる事もできます


「The Future Times」第5号 マサムネさんインタビュー

アジアン・カンフー・ジェネレーションの後藤さんが出しているフリーペーパー、
「The Future Times」第5号を手に入れました。

もちろん読んだのは草野マサムネさんインタビューです。

「The Future Times」HPではマサムネさんの写真は白黒でしたが、
紙面ではカラーになっています。

その中で、

”震災の後に作った歌には、あからさまではないけど、
「ああ、あのことを歌ってるのかな」と思う部分はあると思う。
この前のシングルとかはそうかな(「僕はきっと旅に出る」)”

と言われていますが、
私は「僕はきっと旅に出る」にはそんな部分は感じませんでした。

新しいアルバム『小さな生き物』にはそんな曲があるのでしょうか?


また、”自分は歌を歌っていくのが役割”という感じの発言があるので、
これからもマサムネさんの歌を楽しみに暮らしても良いようなので、
安心ですね。

(まあ、あちこちで同じような発言はあるのですが。)




スピッツ『小さな生き物』雑誌情報

スピッツが、8月23日発売の「bridge」の表紙巻頭で登場するそうです。

8月30日発売の「ROCKIN' ON JAPAN」10月号にも出るらしい。

8月20日発行のフリーペーパー 「FLYING POSTMAN PRESS」の表紙にもなっているそう。

『小さな生き物』についてのインタビューなどが載るのでしょうね。
楽しみです。



追記

9月5日発売の「音楽と人」10月号でも表紙巻頭です。



ブックマークに追加
カテゴリ
スポンサードリンク
最新記事
リンク
検索フォーム
最新コメント
タグクラウド
月別アーカイブ
SEOパーツ
  • SEOブログパーツ
seo great banner track feed スピッツ
RSSパーツ
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
フィードメーター - スピッツ
RSSリンクの表示
QRコード
QR